ヒアロディープパッチ 類似品

ヒアロディープパッチ|類似品と徹底比較!あなたに最適なのは?

 

ヒアロディープパッチ口コミ

 

ヒアロディープパッチは医療現場で使用されるマイクロニードル技術を参考に作られた商品です。

 

マイクロニードル技術とはマイクロサイズのニードル(針)を並べて引き詰めたシートを直接肌に貼りつけ薬剤を直接体内に注入する技術です。

 

ヒアロディープパッチはマイクロニードルそのものをヒアルロン酸で作り、角質層の深部に直接ヒアルロン酸を届ける世界初の技術を採用しています。

 

ただ、一つの商品の人気に火が付くと類似品が多く発売されるのは世の常ですよね。

 

現在、自宅でヒアルロン酸を注入できるシートパック(通称マイクロパッチ)は数点販売されています。

 

そこで現在販売されている類似品とヒアロディープパッチを徹底比較してみました。

 

ヒアロディープパッチと類似品はどこが違うの?

 

現在販売されている類似品はこちらです。

 

現在販売している主要なマイクロパッチ

 

ヒアロディープパッチ

 

長さ 0.2ミリ 本数 750本 美容成分 ヒアルロン酸Na 加水分解コラーゲン プラセンタ ビタミンC誘導体 FGF レチノール 価格 4,422円(4セット入り)

 

資生堂ナビジョンHAフィルパッチ

 

長さ 0.05ミリ 本数 1200本 美容成分 ヒアルロン酸Na 価格 5,800円(3セット入り)

 

パナソニック インテンシブシートEH-4X10

 

長さ 0.035ミリ 本数 不明 美容成分 ヒアルロン酸Na 価格 12,000円(4セット入り)

 

フィルナチュランド IC.U HAマイクロパッチ

 

長さ 0.2ミリ 本数 1,200本 美容成分 ヒアルロン酸Na 価格 5,400円(4セット入り)

 

ダーマフィラー

 

長さ 0.2ミリ 本数 750本 美容成分 ヒアルロン酸Na 加水分解コラーゲン エクイントン ビタミンC誘導体 価格 7,000円(4セット入り)

 

類似品との比較※針の長さ

 

現在販売されているマイクロパッチの針の長さは、

 

0.2ミリから短い商品だと0.035ミリです。

 

この針の長さによって美容成分が届く深さが違ってきます。

 

そもそもマイクロパッチは化粧品では浸透しにくいヒアルロン酸を角質層まで送り届けるコンセプトで製造されているので、0.035ミリだと短すぎます。

 

逆に針の長さが0.2ミリ以上になってくると血管が通る真皮層まで及んでしまうので危険です。

 

やはり0.2ミリ程度が効果や安全面を考慮すると理想的です。

 

類似品との比較※針の本数

 

現在販売されているマイクロパッチの針の本数は、750本から1,200本程度です。

 

本数が多いほうが高密度と言えますが、あまり多すぎると肌に負担がかかってしまいます。

 

750本くらいが適正と言えます。

 

類似品との比較※美容成分の多さ

 

現在、販売されているマイクロパッチはヒアルロン酸のみ配合している商品が多いです。

 

ただ、美容成分が豊富に配合されているほうがエイジングケアに有効です。

 

なぜなら、マイクロパッチは目の下だけでなくほうれい線など気になる箇所に利用するからです。

 

そういう意味でヒアロディープパッチは肌のたるみに有効なレチノールやFGFを配合しているので、シミ、しわ、たるみ、クマなど様々な肌の悩みに対応しています。

 

類似品との比較※値段の安さ

 

マイクロパッチの値段はぶっちゃけピンキリです。

 

値段が高い商品だと一万円以上する商品もあります。

 

そういう意味でヒアロディープパッチは類似品と比較すると圧倒的に安く続けやすいです。

 

ヒアロディープパッチと類似品の比較まとめ

 

ヒアロディープパッチと類似品を様々な観点で比較してみました。

 

針の長さ、針の本数、美容成分、値段を比較した結果、ヒアロディープパッチが最もバランスが取れた商品だとはっきりしました。

 

もし、初めてマイクロパッチを試すなら、ヒアロディープパッチが最適といえるでしょう。

 

ヒアロディープパッチ類似品