ヒアロディープパッチ まぶた

ヒアロディープパッチはまぶたのたるみやくぼみに使えるの?

 

ヒアロディープパッチまぶた

 

ヒアロディープパッチは小じわやほうれい線が簡単に解消できると今女性たちの間で話題沸騰中の商品です。

 

学会の試験で効果は実証されており、使用した人の評価も全般的に高いです。

 

そんなヒアロディープパッチですが、まぶたのたるみやくぼみに使えるのでしょうか?

 

結論から言うと、ヒアロディープパッチはまぶたにも使えます。

 

ただ、1点だけ注意点があるので、それをご紹介いたします。

 

ヒアロディープパッチはまぶたのくぼみやたるみを解消するのか?|公式サイトの見解

 

私は最初、ヒアロディープパッチがまぶたのくぼみやたるみに使えないと思っていました。

 

というのも、まぶたの皮膚の厚さは薄いし、まぶたの下は眼球なので危険じゃないかと思ったんですね。

 

ですが、美容皮膚科では普通にヒアルロン酸注射をまぶたに使用しているので、ひょっとしたら可能なんじゃないかとも考えました。

 

ネットで『ヒアロディープパッチ まぶた』と調べると、いくつかのサイトがヒアロディープパッチはまぶたにも使えると平然と書いていました。

 

ただ、使える理由など詳しいことは書かれておらず、一行程度で片付けていたので、「胡散臭い」と思ったのも事実です。

 

そこで思い切って公式サイトに問い合わせてみました。

 

ヒアロディープパッチはまぶたのたるみやくぼみにも使えますか?

『ヒアロディープパッチ』は、主に目元や目尻のシワ、ほうれい線にお悩みの方に向けた商品ではございますが、まぶたにもご使用いただくことができます。

 

乾燥が原因のお悩みにつきましては、良い変化につながることが期待できます。

 

『ヒアロディープパッチ』は、ヒアルロン酸などの美容成分そのものをマイクロニードル(針)形状にした商品でであり、マイクロニードルがお肌内部(角層)までしっかり届くよう保湿成分でできたオイルゲルシートに敷きつめられております。

 

おやすみ前に気になる部分へ貼ると就寝中にニードルが溶け、シワ部分に美容成分が行き渡ります。

 

ご使用いただける際は、上まぶたは特にまばたきの影響を受けやすい箇所でございますため、まばたきを繰り返すことで剥がれやすくなってしまうことが考えられます。

 

そのため、まぶたにご使用の際には、就寝の直前にご使用いただくことをおすすめいたします。

 

また、まぶたはとても皮膚が薄い部分でございます。
ご体質によっては、マイクロニードルがお肌の負担になることも考えられますので、初めてお使いの際には赤みなどが出ないかご確認いただきながらご使用くださいませ。

 

お使いいただく際には、必ず化粧水・乳液等でお肌に潤いを与えてから気になる部分に貼りつけてそのままお休みいただきたく存じます。

 

※化粧水や乳液がお肌の表面に残っていると、シートがはがれやすくなります。しっかりとなじませてから貼りつけてくださいませ。

 

といった正式な回答をいただきました。

 

まぶたの厚さは0.6mmですが、ヒアロディープパッチのハリは0.2mm。

 

特別危険性がないことはわかりました。

 

ただ、皮膚が薄いだけに赤みが出る可能性もあります。

 

なので、皮膚が弱い方は注意したほうがいいでしょうね。

 

ヒアロディープパッチがまぶたのくぼみやたるみに効果的な理由

 

まぶたにくぼみやたるみができる原因は様々です。

 

  • 加齢による目の周りの筋肉の衰え
  • 眼精疲労や睡眠不足による血行不良
  • 乾燥やコラーゲン不足によるハリ不足

 

まぶたがくぼんだり、たるんだりすると一気に見た目年齢が老けて見えるので、一刻も早く改善したいですよね。

 

ヒアロディープパッチはヒアルロン酸をはじめ、まぶたにハリをもたせるコラーゲンやたるみを解消するプラセンタなど美容成分が豊富に含まれています。

 

ヒアルロン酸・・・保湿効果
加水分解コラーゲン・・・保湿効果、弾力効果
プラセンタ・・・ターンオーバーを促進する効果、たるみ改善効果
ビタミンC誘導体・・・美白効果、抗酸化作用
FGF・・・細胞の成長促進効果
レチノール・・・コラーゲン、エラスチンを生成する効果

 

もし、あなたがまぶたのくぼみやたるみに困っているなら、ヒアロディープパッチは有効な商品と言えるでしょう。

 

ヒアロディープパッチまぶた